STORYをつくる

イベントをする時でもストーリーは必要だという話。

今日の夜に電話でのイベントディレクションをした、その時に話していて感じた事それがストーリーを作るという事。

イベントを仕掛ける時にでもストーリーは必要なのだ。

 

起承転結のストーリー。

イベントで起に当たる部分はなんなのか?

承に当たる部分はなんになる?

転とは?

結で終わるには何が必要なのか。

 

ターゲットに伝わるストーリーを作る。

これが僕の得意な事。

感情を動かすストーリーを生み出す事が口コミを生み出すイベントになる。

 

最近は、簡単にイベントを開催する事ができる。

簡単にできるからこそ、他との差別化を図らないと埋もれてしまうし、仲良しグループのお遊びの延長になってしまう。

そんなイベントが多い事・・・。

 

あえてそのようなイベントをするのであればいいのだけれど、続けていくためにはそれでは足りない事がお多すぎる。

特にフロントエンドとしてのイベントであればなおさらストーリーは必要だと思う。

 

そんなストーリーを考えるにも自分だと見えない事が多い。

見えない事は当たり前すぎて見えない事が多いのだ。

自分では当たり前の事が、他人にはとても刺激的なことがったりする。

その自分では見えないものからストーリーを作ると全てのつじつまが合う。

 

楽しいだけのイベントから、心に残るイベントに変える。

せっかくの楽しいイベントを一回で終わらせるのは勿体無い。

 

色んなところで開催されているイベントだから

ちょっと流行ってるイベントだから

心に残るものにしたい。

 

そんなディレクションをしたんだよな。

伝わったかな。