目線で矯正の角度を決めることが手で骨を感じるコツになる

先日の整体技術矯正クリニックの技術講義の時に矯正方向の話をしていて、最終的には矯正の方向は手で感じて方向を決める事がある。

そんな話をしていました、基本の方向というのは角度としてお伝えするのですが、全てのクライアントに対して同じ方向ではない、ほんの少しの角度の違いを感じて矯正する方向を決めるのがとても重要なのですが、手の角度を気にするとどうしても目線は手を見てしまう。

これが大きな間違いのもとなんだ(笑)

目線は矯正する方向を見ないとほんの少しの角度の違いを感じる事ができないというのもあるけれど、最終的に矯正の方向を決めるのは目線なのである。

スノーボードとかスキーとか、サーフィンとかスケボーとか、どれもあっちに行ったら危ないよ!!と言われてそちらに目線を持っていってしまうとダメだとわかってるのにそちらに行ってしまう、、、(笑)

目線と意識がそちらに向くと、必ずそちらにいく。

それと同じです。

いや違うか??

いきたければ行きたい方に目線を向ければそちらに自然にいく姿勢を作る事ができる。

矯正したい方向に目線を向ければ、そちらに矯正するための姿勢ができてくる。

骨を矯正する方向も、筋膜・筋肉へ圧をかけるときも、靭帯にアプローチする時もコンタクトしているところを見る事はない、目線は違うところを見て方向を決めて手で感じながら決める。

ほんの少しのことだけど、とても重要なことなんで受講生の方には理解してもらえるまで何度も言うし、できるまで言う(笑)だから人によって言い方が全く違う。

一人一人の特徴に合わせたアドバイスをさせていただいている。

ちゃんとできるまで付き合う!

そんな話をしながら講義をしていた整体技術矯正クリニックでした!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちゃんと関節を動かすことのできる治療家になるための第一歩から始めてみませんか?

治療家の手の作り方からスタンス、そして指・腕・身体の治療家のしっかりとした使い方から始めてしっかりと骨を触り関節を動かす、そして関節を矯正するまでをしっかりと教えます。

もう小手先の技術セミナーに逃げないで一度しっかりと整体技術の本質を身に付けましょう。

技術の基礎・基本・本質を身につける全ての整体技術の本質が理解できて今まで学んできたテクニックがちゃんと使えるように変わります。せっかく身につけた技術・テクニックを自分のものにする為にも必要な整体矯正クリニックです。

これから整体の技術を勉強しようと考えている方も最初のこの基礎から基本・本質を学ぶ事が愚術を身につける為に一番重要な事であると思います。耳障りのいいあたかも簡単に技術が身につくと言うようなキャッチピーのセミナーや勉強会では技術は身につきません。

今、受講している方が必ず言うことは「整体のこの部分が分からないとどんな技術やテクニックも身につきませんね。。。」と言われます。

治療家の手作りからしっかりと関節を動かすことのできる治療家になることのできる整体技術クリニックはこちらかお申し込みください。>> http://alivewell.jp/整体技術クリニック/ >>

予定が埋まり次第募集を締め切らせていただきます。

関連記事

メールマガジンを購読する