押すアプローチを覚えるといいよ

技術を身につける時・思ったよりもクライアントの効果が出てこない時・治療していて疲れやすい時・アジャストメントの時にバックオフが治らない時・技術のコツが掴めない時・・・

多くの場合、「引く」事を使ってしまっている。

「押す」アプローチを覚えると全部のことが解消する!

・筋肉へアプローチする時

・筋膜へアプローチする時

・関節へアプローチする時

・骨膜にアプローチする時

軟部組織にアプローチする時も骨にアプローチする時も「押す」んですよ〜これを引いてしまうから上腕二頭筋を使ったり、大胸筋を使ったりして引いちゃうんだよね。

治療家が治療の時に使う筋肉は上腕三頭筋をしっかり使う事が超重要!!

肩甲骨を開いてロックして猫背になって上腕三頭筋でスラスト!

肩甲骨を開いてロックして猫背になって筋膜リリース!

肩甲骨を開いてロックして猫背になってトリガーポイントアプローチ!

スタンスはフェンサーズスタンスかターグルスタンスで。

当たり前なんだけど日本人は引いてアプローチしたい人種なんですよ、日本刀も包丁もノコギリも鉋もピーラーも全部引いて使うようにできてる。だからついつい引いて力を入れるという事をしちゃうんです。

引いてアプローチしてしまう人種の日本人だから押してアプローチする事を覚えると格段に何かが変わる。

実は世界共通の道具は押して使うものが多かったりするのだ、ナイフもノコギリもピーラーも押して使うのがグローバルスタンダード(笑)器用な日本人は引いて道具を使う特殊な民族。

道具として使う「手」も押して使うのがグローバルスタンダードかもね(笑)しかもその道具としての「手」を引いても使える器用な日本人は治療技術も世界で一番上手なのだと思う。

だから押すアプローチを覚えるといいんですよ〜!

あかん。。。。いい事言ってしまった。。。

こう言うの真似されると嬉しいんだよね変態治療家としては(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

治療家の手の作り方からスタンス、そして指・腕・身体の治療家のしっかりとした使い方から始めてしっかりと骨を触り関節を動かす、そして関節を矯正するまでをしっかりと教えます。

もう小手先の技術セミナーに逃げないで一度しっかりと整体技術の本質を身に付けましょう。

技術の基礎・基本・本質を身につける全ての整体技術の本質が理解できて今まで学んできたテクニックがちゃんと使えるように変わります。せっかく身につけた技術・テクニックを自分のものにする為にも必要な整体矯正クリニックです。

これから整体の技術を勉強しようと考えている方も最初のこの基礎から基本・本質を学ぶ事が愚術を身につける為に一番重要な事であると思います。耳障りのいいあたかも簡単に技術が身につくと言うようなキャッチピーのセミナーや勉強会では技術は身につきません。

今、受講している方が必ず言うことは「整体のこの部分が分からないとどんな技術やテクニックも身につきませんね。。。」と言われます。

治療家の手作りからしっかりと関節を動かすことのできる治療家になることのできる整体技術クリニックはこちらかお申し込みください。>> http://alivewell.jp/整体技術クリニック/ >>

予定が埋まり次第募集を締め切らせていただきます。

IMG_7571.png

関連記事

メールマガジンを購読する