一宮巡り 2 美濃国

1月に知った一宮巡り。

先回は尾張国の神社を二つ巡り
(エリアによっては一宮に二つあったりする)
そこでその一宮の意味を知りました。

専用の御朱印帳があることも。

そして2月。
せっかくなのでゆっくりとまずは東海エリアの
一宮を知ろうということで

美濃国

にあったとされる、南宮神社という一宮へ
行って参りました。

大きな鳥居をくぐり

少し郊外の自然に囲まれた場所にそれはありました。
またしても何の予備知識も持たずに行きまして

毎度勉強するわけですが、今回も本当に色々な発見がありました。

朱色に塗られた入口。
そして石橋。
実はこの神社

敷地内の本殿を含めた18棟もの建物が
重要文化財に指定されていました。
それも、江戸時代初期以降。
何百年前?!

この先目に映るもの全てが当時の姿をそのままにした
ものばかり、戦争も自然災害も乗り越えて当時のままの姿を
残していました。

神社の入口を入った瞬間から
空気が凛と張り詰め、囲まれた山々の木々からの
葉音と匂い、そして遠くからのせせらぎの音
この神社だけ本当に守られているかのようです。

参拝をし、広い境内を散策しましたら

石。
これ、

国家の歌詞にある さざれ石 ですって。
自然によって出来た石なんだそうですが
岐阜県が国家発祥の地だったという事をこの日
初めて知りました。お恥ずかしい。

さざれ石自体は他の神社などでも祀ってあったり
しますが、何の下調べも無く行った先での
この情報にビックリでございます。

境内の奥には弓道場跡もあり

そしてさらに奥には川のせせらぎ沿いに
稲荷神社もございました。

 

この稲荷神社への参道には

とあり、椿の木がたくさん植樹されていました。

ちょうどたくさんの椿が花を咲かせ、
ぱらつく雨を浴び輝いてました。

一宮と呼ばれる場所にはやはり
風格というか、纏う空気が他所とは違うように思います。

また、観光客が多くおずれる場所とまた趣が違い、
地元の方やその地方の方が拠り所にしている場所という
印象を受けました。

ここはとても空気がきれいで
また訪れたくなる場所でした。

バレンタインって。。

ご無沙汰でございます。
さて、先日はバレンタインデーでございました。

世の女性陣がチョコレートを想いと共に渡す日。

最近はLOVE的な要素よりも

自分用や友チョコ、感謝チョコなど様々…。

そんな思いのこもったロマンチックなイベント…

皆さんはご存知でしょうか?

このイベントの裏側で、

彼女たちは戦場で戦っていることを。。

戦場?

そう。戦場。

百貨店催事場に設置されるバレンタイン会場

その名も 戦場 。

バレンタイン間近、その戦場へ潜入した記録を残しておく。

とある2月のお休みの日。

とある百貨店。

件の戦場(催事場)へはエスカレーターで向かう。

目的の階に到着。

到着と共に、目についたのは…。


エスカレーターを降りただけ。

まだ催事場のエリアにも入ってないのにこの状況。

うむむ。なるほど。

戦場。

納得のネーミング。

所狭しと並ぶ、チョコレートたち。

物産展よりも多い店舗数。

そして通路にはギッシリの人。

うん。なんだか、すでにもう帰りたい。

い、いかん。

せっかく来たのだからチョコの一つでも買わねば。

気持ちを奮い立たせて進む。


ぶつかるどころではない。

すべての通路が朝の電車の乗り降りに匹敵する密度。

人の頭の間を縫ってショーケースのチョコをみる。

生チョコ、

お酒入り(焼酎、獺祭、ウイスキー、ワイン…)

動物の形、

お茶屋さんとのコラボ、

おかきとコラボ、

オーガニック、

百貨店限定品、

売切れ、

入荷待ち、

名古屋に店舗はありません、

日本に店舗はありません、

イートインできます

シェフ来店です

シェフから手売り、サイン入り、記念写真撮れます!


何でしょう。

もう、何が何やら。

会場内は甘い、そして人だらけ。

酔うよ。酔う。

しかも暑い。。。

もう帰りた…

だめだ!チョコを買って帰るんだ!

会場を一周してみる。

500円くらいのチョコから一万円台まで様々。

そして、二周、三周するうちに

恐ろしいことが起こる。

1周目でやっぱいいやつは高いなぁと言う感覚だったのに

三周目に入る頃には、色々見過ぎるのと

周りの熱気にあてられるのか、

1周目で高いと除外したチョコが買うならどれにしようかな

の同じ土俵に上がっているのだ。

恐ろしい。

特に有名なショコラティエのお店になると

二粒のトリュフが千円超えるのは当たり前。

この辺になってくると、高貴過ぎてプレゼントでなく

自分へのご褒美になるらしい。

結局、戦場には3時間近くいた。

頑張って買った戦利品はこちら。

予算オーバーになったのは言うまでもない。

恐るべし。戦場。すべての感覚が麻痺する。


ヘトヘト。

でも、驚いたことに男性もチラホラいらっしゃるんですよ。

甘いものが好きなのか?

逆チョコなのかしら?

ちなみに、自分には一番高〜いチョコを購入しました。

甘いものは苦手なのですが、

有名なショコラティエのチョコを食べてみたくて。


美味しいチョコレートって、

本当に口に含んだ瞬間にとろけて

ココロとカラダに染み渡って

幸せな気持ちになるんですね。

びっくり。

後味もしつこく残らない。

なるほど。

これは、シェフと写真撮るわ。
結論として、

この戦場は

・もみ合う客の中を切り分け進む体力

・あまりの人の多さに帰りたくなるココロとの葛藤

・麻痺していく金銭感覚との戦い

・美味しいチョコレートの取捨選択の苦しみ

・あげる相手の好み記憶を思い出せず悩む

つまり、己との戦いの場でございました。

チョコにはこれだけの時間と想いが詰まっている

…ということです。

美味しくいただきましょう。

一宮巡り

唐突なタイトルで始まりましたが、
実は、今年のお正月
毎年参拝している神社でとある一つのパンフレットを
手にしました。

一宮巡り。
ほほう。東海五県一宮巡りとな。
これは面白い。
ただただ面白そうだという閃きから

早速BOSSに連絡し、知っていたかと確認してみたら
BOSSも知らないとのこと。

自分の住む東海にこんな神社の巡り方があったのか!
と、毎月少しづつ巡ってみようとなりました。

我々はこの時、一宮の意味をまだ知らなかったのです。

まずは、1月。

一番が振られている 真清田神社へ。
私は正月に行ったのですが、ここは一番から順に行くことに。

この神社は、一宮の駅からここまで商店街で
つながっているので、電車でも来られます。

この日は成人式も終わった日曜日だったのでとても静か。

厳粛な空気を纏う入り口。
ココロを正す。姿勢を正す。
神社にくるといつも背筋が伸びます。

手水には龍。

境内にはたくさんのおみくじ。
ここは黄色の用紙で頂くようです。

ニ礼二拍手一礼し参拝。

参拝後、御朱印をいただく。

私は
遠方に旅をし、時間が許される際には必ずと言っていいほど
その土地の大きな神社にご挨拶をし、朱印帳に朱印をいただき
その土地にお邪魔させていただいた履歴を残しています。

その土地土地の歴史や空気が神社の中に集約されている
ようで、時間があると神社を探してご挨拶をするのですが、
思えば
自分の住んでる県の神社に参拝なんて、
地元の神社か、熱田神宮、国府宮、豊川稲荷くらいで
御朱印などももらった記憶があまりなかったのです。

ふむ。
そういう意味でも、この一宮巡りは
東海圏の歴史や神社を知るのにとても良い機会。

時間もあるので二つ目の神社にも立ち寄ってみることにしました。

二つ目は、真清田神社から車で20分ほどの距離。

大神神社へ。

真清田神社に比べるととてもこじんまりした神社。
でも、清々しい空気を纏っています。

こちらの手水舎も龍でした。

そしてこの神社の狛犬は

かつて木造の狛犬が鎮座されており
その狛犬が指定文化財とされておりました。

ご挨拶をし、御朱印をいただきに社務所へ伺いました。

社務所では、訪問された方の記帳を行っており
我々も記帳しました。
全国から来宮されており、海外からも…。

そしてここの宮司さんから
この一宮の意味を知るのでした。

その昔、今で言う県と言うよりも県をまとめた
〇〇地方に値する各地域を
「国」くに と呼んでおりました。
越後や尾張と言った名称ですね。

そして各国の由緒深い神社などの中で最も
格式の高い神社のことを
一の宮 として崇められ、二の宮、三の宮と
全国に広がっていったと言われているそうです。

そして基本的には一つの国に一宮とされているとのこと。

そして、当時国と呼ばれていた頃は
今で言う、岩手より上の県、そして沖縄は他国のものと
されており、近年(といっても江戸とかその辺りだったと記憶)
に新一宮として、今で言う都道府県のほぼ各エリアに
一宮がある状況となったそうです。

これらの歴史の始まりは諸説あり
調べると非常に奥が深く、ここでは述べきれないため
割愛しますが、調べるととても面白いですよ。

さて、ここまでのかなりざっくりとした説明で
東海五県だけのお話と思っていた一宮は
日本全国にあるということがわかりました、

一宮巡り専用の御朱印帳があるということも。

これは、旅好きの我々の遊びゴコロをかなり刺激する内容。

そして日本を知るいい機会。

とてもスケールの大きな話に発展しましたが

この一宮巡り

一気に攻めるなんてことはせず。
ゆるりとシリーズ化で更新して行きたいなと思っています。

皆さんも、自分の住む近くの一宮調べてみてはいかがですか?

結論・一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる

非常に間が空きまして失礼しました。

もうすでに結論めいたことを序盤で記載しておりますが。。

結論としては、

目的と滞在時間によって異なる。

という、いたく当たり前の結論となって御座います。


【じっくり観光派】

滞在時間をしっかりとって、観光名所を

じっくり観光をするのであれば、広島あたりまで。

金曜の夜中に出れば朝7時ごろにはつけます。

当日の朝8時に出ると午後3時までには到着。

次の日はお昼までには現地を出ればその日の夜には帰り着きます。

厳島神社、原爆ドーム、広島駅前、など

行かれてはいかがでしょう。

島根の出雲大社

岡山の倉敷ジーンズストリート

香川のうどん

鳥取の砂丘、水木しげるロード

なんかを目的地にするのもオススメです。

【弾丸欲張り派】

滞在時間よりも、ちょっとずつご当地を感じて

よりいろんな場所を体験したい!という方。

これは、福岡もしくは長崎、大分あたりまで。

まさしくこのシリーズのブログのように

ご当地のグルメを堪能し、どこまでいけるか

知りたいという方にオススメ。

ただしこれは、金曜日の夜から出かけなければなりませんが。

金曜の夜中に出れば土曜日の午後3時までにはつけます。

博多でピンポイントグルメを堪能し、

夜7時までには博多を出て、長崎。

夜の繁華街でグルメを堪能し、

次の日はお昼までには現地を出ればその日の夜中帰り着きます。

弾丸も弾丸です。

費用は博多まで。で換算すると

春日井から博多東インターまで行ったとして

金曜の深夜に出ると、深夜割引で

普通車で12,000円ほど。

往復24,000円。➕ガソリン

1人で行くなら飛行機も大差なく。

三、四人で行くなら車がオススメ。ということです。

長崎や熊本、大分くらいまでは足伸ばせますしね。
3連休やゴールデンウィークの旅の際に参考にどうぞ。


さて、我々の旅はその後どうなったか?

二日目、中華街にてご飯を食べ帰路に着いたのですが、

その時の暴飲暴食ぶりを紹介してこのシリーズ、

終了したいと思います。
翌朝、10時。

我々は中華街にいました。

美味しい長崎チャンポンを食べてから帰ってほしい。

という、後輩さんのオススメプラン通を完遂すべく。


お店の名前は

会楽園 さん。

ここで長崎チャンポンを食べて帰る。

中華料理屋で欲望のままに突き進むとどうなるか…

先にお伝えしておきます。人数は2人です。

まずは

予定通り、チャンポン。

太麺で絡むスープは魚介味を足したら

スガキヤになりそうな豚骨でクリーミー。

お野菜とシーフードものって非常にボリューミー。

女性ならこれ一杯で十分なボリューム。

そして。

皿うどんも食べなきゃでしょ!

と、このお店は、細麺と太麺から選ぶ皿うどん。

細麺は言わずもがな、揚げた麺にあんかけ。

太麺は写真のように炒めた太麺にチャンポンの具をあえる。

これは美味しかったです。焼きラーメンのようでした。

ここまではね、2人なんでね1人ずつ頼んだんだね。

で終わりますが…。。

これでは終わらなかったのです。


チャーハン。


たけのこの青椒肉絲。


エビ玉。

イカの塩あんかけ。


はい。このボリューム。

店員さんも大丈夫かしらと、オーダーの際

気にしておられました。

そして、周りのテーブルの方からも好奇の目。

ふたり?

いた、まだ連れいるんだろう?

という空気。

結果、どうなったかって?


綺麗に完食です。

我々のモットーは

美味しいものを残さず食べる。

ですから!

その後、一時ごろ長崎県を後にし、

途中、大阪で急遽寄り道をすることになったため、

タイトルのミッションを純粋に

こなすことができませんでしたが、

寄り道せずに走っていたら、二日目の明け方に

到着していたことと思います。

長崎コースは

3連休にやるのがオススメです。

土日にやると、確実にエクストリーム出社になります。


でも、九州は、車で行くと、

もっと先まで行ってみたくなりますよ。

一度経験をされてみてはいかがでしょうか。

一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる9

愛知県 → 岐阜県 → 滋賀県 → 京都府 → 大阪府 → 兵庫県 → 岡山県

→ 広島県 → 山口県 → 福岡県 → 長崎県

高速を法定速度で飛ばし

時計の針が22時30分をさす頃、我々は長崎県に到達。

ここからはオススメプランを忠実に巡ったので

その通りにレポートしていく。

一軒目:ひとくち餃子With スジポン。

小ぶりの餃子。

口に含むと小籠包のようにお野菜から出た

水分にお肉からの美味しいエキスがジュワッと出てくる。

口の中ではじけた瞬間にジュワッ!

美味しい!野菜多めでくどく無い。

そして、追加で頼んだスジポン。

これがとってもあっさり!

スジ肉を茹でたものをポン酢であえてある。

茹でているためくどさが無い。

箸休めにピッタリ。

そしてそれらのお供には瓶ビール欲しくなる。

壁一面には芸能人のサイン。ありました。

この時間はこの手のお店には絶えずお客さんが出入りしてました。

二軒目:寿司

深夜までやっているお寿司屋さん。

こじんまりとしていて意識していなかったら通り過ぎてしまう

場所にそのお店はあって

中はカウンターで7席しか無い。

ここのメニューが変わっていて

千円の値段で10貫のお寿司がおまかせで出てくる。

メニューはその10貫と

他に幾つかの巻き寿司にお椀物。

回転はかなり早いがひっきりなしにお客が来て絶えない。

持ち帰りにされる人もいるほど。

1時間くらい待ってようやく食べられた。


席についてオーダーすると次々に10貫出て来る。

驚いたのは鉄火巻きの中身が白身の魚(カンパチ)だということ。

聞けば九州ではマグロの習慣はなく、

鉄火巻きといえば白身の魚なんだとか。

(写真右手。一番右の巻物)

そういえば、石川県ではブリをまいているものもあった。

海の近く。当然お寿司は美味しゅうございました。
三軒目:オニギリ

まさかの米のはしご。

でもこれから紹介するお店は長崎でも有名な

オニギリ専門店で深夜までやっており、

飲みの最後に締めで行く人がおおいのだとか。

オニギリの種類は20種類以上!

サイドメニューも豊富。うどん にお茶漬け…。。

店内で食べたいのはヤマヤマだが、

流石にお寿司すぐの後は厳しいのでテイクアウトして

明日の朝ごはんにする。

そして、当日駆け込みで泊まれたホテルにチェックイン。

明日の起床時間などを打ち合わせしている横にオニギリを

置いていたのがまずかった。

炊きたてのご飯に海苔の香りがする…。

散歩で少しこなれてきたのと匂いに

朝ごはんにするはずのオニギリは…


深夜の夜食となりました。

大変美味しゅうございました。

大分産のお米にぎっしりの具材。

ふっくらの握り具合。食べすぎましたが

幸せを感じるオニギリでした。

この日は長崎に一泊!

明日の朝は、行けたら行ってみて。

と言われた長崎チャンポンのお店に行ってから

帰ろうと思います。

(朝ごはんのオニギリ食べちゃったからね)

一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる8

愛知県 → 岐阜県 → 滋賀県 → 京都府 → 大阪府 → 兵庫県 → 岡山県

→ 広島県 → 山口県 → 福岡県

16時

明太子をたらふく平らげ、さらに距離を伸ばすか止まるか。

仮に行けたとしてもあと一県くらいじゃ無いだろうか。

とすると、大分で温泉浸かってかえってくるか?

お隣の佐賀県で新鮮なイカをいただくか?


個人的には、温泉の多い九州で行われているという

九州八十八湯巡りをしてみたい。

BOSSはと言うと、

宮崎県に後輩がいるので会いに行ってみたいという。

なんせ九州は未開拓地。

距離感も土地勘も無い。

こういう時は、グーグル先生か地元の人に聞くに限る。

って事で、これまたBOSSの後輩が博多にいるというので

押しかけることに…。

ところがびっくり!偶然にも、めんたい重のお店のお向かいに

後輩さんのお店!

コーヒーを淹れていただいて早速リサーチ。

博多からの近隣の県の所要時間をきいてみると

・博多 → 大分 ・・・ 2時間強

・博多 → 宮崎 ・・・ 4時間強

・博多 → 佐賀 ・・・ 1時間強

・博多 → 熊本 ・・・ 2時間強

・博多 → 鹿児島 ・・ 3時間強

・博多 → 長崎 ・・・ 2時間強
という情報が…。

宮崎県がそれくらいかかるであろうことはなんとなく

わかっていました

一番驚いたのが長崎県まで2時間強で行けるということ!

宮崎県と同じくらいかかるのでは?

と思っていたのですが意外にも近い!

やはり地元の方の情報が一番ですなぁ。

BOSSが会いに行きたいという宮崎は4時間。

時刻は夕方5時。

ついたら夜。居酒屋でご飯して休んで…

朝少しだけ観光?

本州に着くまでに6時間は必要となると厳しい。

佐賀は近いが、後輩さん曰く

オススメできるスポットがすっと浮かばないとのこと。

熊本、鹿児島、長崎、博多で屋台…んー。

と悩んでいたら、

後輩さんからオススメしたいプランがあるとの提案

それは、長崎。

遅くまで開いてるグルメの街だそうだ。

そして是非とも行ってみてほしいお店があるとのことで

今から行ったとして…と

教えてくれた。

これは行くしか無いでしょう!

19時

博多を出る。

一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる7

愛知県 → 岐阜県 → 滋賀県 → 京都府 → 大阪府 → 兵庫県 → 岡山県

→ 広島県 → 山口県 → 福岡県


関門海峡をあっという間に越え


ようこそ九州へ!

ここまでで所要時間 11時間ほど。

あと一時間飛ばせば福岡市内に…。

12時間程で福岡県。

名古屋を深夜2時に出、午後3時頃には福岡市内。

帰りに同じくらいかかると想定すると

遅くとも次の日のお昼には福岡を出る必要がある。

滞在時間は半日も無い。

と考えるとやはり飛行機の方が良いのか?

一泊以上の場合なら車はかなり有効であろう。

滞在時間・観光をすると考えると、

車で行く一泊二日旅行は

広島市あたりまでがオススメと感じる。

弾丸で

明太子や水炊き、屋台などを堪能する!

だけを目的とするのであれば福岡市内までは

ありとも思う。

…すでに結論を述べたりなんかしていますが、

普通の感覚の方にオススメするなら上記の結論かと思う。

…が、当日のブログでも触れたように

我々はそれだけでは済まなかったのである。

面白そうアンテナは思いもよらぬ方向へ。。

ここからは

面白そうアンテナがどういう方向に運び

長崎県になったか、そしてその結果いつ帰れたのかを

時系列で追っていく。

午後3時。

福岡市内着

お昼に壇ノ浦でふくの天ぷらと雲丹マンを食べただけで

食事らしい食事をしていなかった。

水炊き? 明太子食べ放題のランチ?

お店を探すも、時刻は午後3時。

そう、ランチが終わり夜の営業まで休憩のお店に

なってしまっているのです。

そんな中、明太子のキーワードで営業していた

お店を発見!

博多めんたい重 さん。

ここはこのメニューが有名で

店内には芸能人のサインがたくさん。テレビの取材ステッカーも。


ご飯の上に海苔、昆布が巻かれた明太子がどっかりと。

3時という時間でも店内にはたくさんのお客様。

お腹の空いていた我々は

明太子の食べ比べ(そのまま・天ぷら・焼き)

にめんたいのつけ麺、酢モツ、ゴマ鯖まで頼む有様。


しっかりいただきました。博多の味。

これでもかの明太子攻め!

さてこのあとはどうする?

一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる 6

昨年まで車で行ったこともある一番南は

山口県 唐戸市場 という場所。

目の前には関門橋、向こう岸は福岡県。

来るたびに向こう岸へ行きたいと思っておりました。

あと少しだけ走れば九州!

手が届きそうな距離

いつも歯がゆい思いのまま渡ることはありませんでした。
ちなみに唐戸市場はこんな素敵な場所でございます!

飛行機で福岡県に行ったことはあっても

車ではまず無い。

今回はそんな行って見たい欲を叶えるべく、

行ってみちゃったのであります。

先回のブログの最後は関門海峡でした。

愛知県 → 岐阜県 → 滋賀県 → 京都府 → 大阪府 → 兵庫県 → 岡山県

→ 広島県 → 山口県 関門海峡

時刻はお昼から遡ります。。。

一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる 5

皆様、大変申し訳ありませんでした。

リアルタイムでも無ければ、

その後の報告がこのタイミングってどういうこと!?

大変お恥ずかしいはなし。

このブログはいつもiPadから更新するのですが、

この旅の途中、実は

通信制限に引っかかりまして…。

アップができない状況に陥り、

ようやっと復活した次第です。

次回より、

関門海峡の続きからなぜ長崎県にいたのか?

何を食べたのか

結局の所、一泊二日で南に行くならどこまでなのか

綴って参りたいと思います!

一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる 4

愛知県 → 岐阜県 → 滋賀県 → 京都府 → 大阪府 → 兵庫県 → 岡山県
→ 広島県 → 山口県 → 福岡県 → 佐賀県 →長崎県(今ここ)

時間が空いてしまった。
福岡県上陸し、福岡県で楽しんで帰るにする
つもりだったのだが、
現在地は、長崎県にいることをお伝えする。

経緯は明日詳しくお話する。

先に申し伝えるが、長崎県にいる時点で
一泊二日で帰るは厳しいという状況となっている。
申し訳ない。