パーコレーターを使ってみた。

 

LOGOSさんから頂いてしまったので、宣伝をしときましょ。

自然の息吹と共に、本格コーヒーを嗜む。

屋外でコーヒーを入れるのに最適なパーコレーター。
アメリカ西部開拓時代にも使われていたという、コーヒーの抽出器。
アメリカンコーヒーの元祖にあたる入れ方ができる器械です。

粗めにコーヒー豆を挽き(昔は石で砕いていたそうです)、それをポットの中のカゴに入れ沸騰したお湯をポットの中で循環させることでコーヒーを抽出します。

ドリップコーヒーに比べると香りが少ないですが、キャンプの時やBBQの時にみんなでワイワイ、もしくは焚火を囲んでコーヒーを飲みたい時などには大活躍です。
ドリップペーパーも使わないので、少しでもゴミを減らしたい時にもいいですよ。

パーコレーターで入れたコーヒーを飲んでみて、アメリカンコーヒーの意味が分かった気がしました。僕は大ヒットのコーヒーです。
薄めのコーヒーがアメリカンコーヒーだと思っていたので、濃い時はお湯や水で薄めればアメリカンコーヒーになると思っていたのですが、それは大きな間違いでした。

BBQしたり、キャンプしたり、そんな時にほんの少しだけアメリカの西部開拓時代を意識してパーコレーターで入れたアメリカンコーヒーを一杯いかがですか?
気分だけでもワイルドです(*^^*)