Only Oneになればいいのか?

一世を風靡したあの歌。

ナンバーワンにならなくてもいい・・・

もともと特別なオンリーワン!!

などと心に響く歌がありました。

都合のいいところだけをかいつまんでいてはいかんですよ!!

あの歌もちっとばかり視点を変えてみるととても怖いことを言っている、、、

花屋の店先に並んでいる花はみんな一生懸命咲いている。

形は違っても、色は違っても、一生懸命咲いてる花はとてもかっこいいし綺麗である。

でもね。。。

花も咲かないと店先に並べてもらえないんだよ。。。

そう!

咲かない花は店先に並ばない

咲かない花は見てもらうことはできないのだ!

蕾で終わったら人目につく前に捨てられるのだ。

ナンバーワンだとか

オンリーワンだとか

言ってる前に思いっきり花を咲かせよう!!

花を

華を

咲かせる事ができたなら、それは大きかろうが小さかろうが、不格好だっていいのだ重要なことは咲かせる事!

必死になって咲かせた花だから!華だから!!美しいのだ!!!

花を咲かせる前に諦めるなんてまっぴらゴメンだ!

さあ!

新しい生き方

泥まみれでもいいから花を咲かせよう!