Sitting Thumb movement 側頭ー母指ー棘突起矯正法

Listing: C6~T3のPに使用

PP: 座位

DP: 患者の側方に立位

CP: Thumb

SCP: SP

Set up: 手順 十

〈手順〉 Listing T1-PL

一、両中指でT1の棘突起をはさむ

二、右中指に右母指を接触

三、右四指を右肩に接触

四、右母指腹で真横に皮膚のたるみをとる(ティシュプル)

五、左中指に左母指を接触し(左母指腹で)T1の棘突起左側にコンタクト

六、左四指を左肩に接触

七、術者は左向きに座り直し患者の右肩に軽く手を当て顔を右に向けさす

八、術者の右腕を患者の前頭部より手を回し後頭部を持つ

九、患者に両腕を横に降ろさせ上体を後方に少し倒す

十、右回旋でスラスト! 

座位での母指を使った矯正方法ですが、これも上部胸椎のカップリングモーションを使った矯正方法です。

しかし、伏臥位での椎骨の動きとは逆の動きをするのがこの座位でのテクニックです。伏臥位の時は顎を引いて上部胸椎を屈曲位にさせることで同側への動きを利用して矯正したのですが、座位では背中を伸ばして患者を術者にもたれさせることによって伸展位での椎骨のカップリングモーションの動きを利用して矯正するのがこのテクニックです。

伸展位で胸椎を側屈させると側屈とは反対の方向に椎骨は動こうとします。

その動きを使って矯正するのです。

ですから伏臥位での矯正では動いてくる椎骨を母指を使って押し込んだのですが、座位では向かってくるように動く椎骨を完全にカウンターをかけて押し込む矯正をすると簡単に矯正することができます。