Cervical break(サム) 頸椎屈曲矯正法(母指)

Listing: C2~C5に使用

PP: 仰臥位

DP: 患者の頭方に立位

CP: Index

SCP: TP(AP)

Set up: 手順 十一

〈手順〉Listing C2-PL

一、両中指でC2の横突起に接触

二、左中指をはなす

三、患者の顔を左45°に倒す

四、右中指に右母指を接触

五、右中指を抜く

六、右手を開き右母指でしっかりと接触

七、右手中指を目尻の方向へ向ける

八、術者は右45°に移動

九、患者に顔を上げてもらい術者の左手で支える(耳をふさがない)

十、最密位

十一、スラスト! 

ほとんどの整体師・カイロプラクターが頚椎の矯正時に使うテクニックがこの母指を使った矯正法です。

理由は頚椎の回旋をかけやすいから。

頚椎の回旋がかけやすいということは頚椎が過剰に動きすぎてしまう可能性が高い、すなわち危険性が高いということで法律違反に一番近い矯正方法です。そうです!ほとんどの整体師・カイロプラクターの矯正は法律違反です。最近では動画共有サイトにも平気でアップしている整体師やカイロプラクターもいますが、もう一度言います、日本では回旋を伴う頚椎の矯正は法律違反です!!

母指を使った頚椎の矯正は頚椎を屈曲・側屈位にもっていくことが難しいだけですが母指で押し込むことは簡単です。

前の示指根を使った矯正ができればこ母指を使ったテクニックは簡単です。

これも頚椎のカップリングモーションを理解して最後の器用な母指を使って矯正するのですからできて当たり前な技術です。