Genu deltoid  膝窩ー三角筋矯正法

Listing: L1~L5のPL・PRに使用

PP: 側臥位

DP: 患者の骨盤の前に立位 (Fencers stance)

CP: Palmar

SCP: Genu 膝窩

Set up: 手順 八

〈手順〉 Listing L3-PL

一、膝を曲げる(L3の位置)

二、下側の腕を手前に引く

三、引いた手で右手首を掴み脇腹へ

四、顔を上に向かせる

五、フェンサーズスタンスをとり左手で膝窩を把持

六、術者の右手掌で三角筋または手首を固定 ※右肘は伸ばす

七、最密位

八、スラスト! 

自分よりも体格の大きな患者に対して用いると良いと言われるジェニューデルトイドですがこのテクニックは絶対に使ってはいけない患者さんの状態があります、それは膝関節の靭帯の損傷のある患者または過去に膝関節の靭帯を伸ばしたり、膝関節を脱臼したことのある患者には用いらない方がいいです。

このテクニックもサイtoサイと同様に患者に下側の手で上側の手首をしっかりと握らせる事がコツです。

そしてこのジェニューデルトイドは、より早くスピードが必要なテクニックです。

力や体重を使ってスラストをするのではなくスピーディーにCH側の肘を伸ばしCHの母指を術者フェンサーズスタンスの前側の足の膝に向かって突き出すようにスラストするのがコツです。