一泊二日で名古屋から車で南にどこまでいけるかやってみる9

愛知県 → 岐阜県 → 滋賀県 → 京都府 → 大阪府 → 兵庫県 → 岡山県

→ 広島県 → 山口県 → 福岡県 → 長崎県

高速を法定速度で飛ばし

時計の針が22時30分をさす頃、我々は長崎県に到達。

ここからはオススメプランを忠実に巡ったので

その通りにレポートしていく。

一軒目:ひとくち餃子With スジポン。

小ぶりの餃子。

口に含むと小籠包のようにお野菜から出た

水分にお肉からの美味しいエキスがジュワッと出てくる。

口の中ではじけた瞬間にジュワッ!

美味しい!野菜多めでくどく無い。

そして、追加で頼んだスジポン。

これがとってもあっさり!

スジ肉を茹でたものをポン酢であえてある。

茹でているためくどさが無い。

箸休めにピッタリ。

そしてそれらのお供には瓶ビール欲しくなる。

壁一面には芸能人のサイン。ありました。

この時間はこの手のお店には絶えずお客さんが出入りしてました。

二軒目:寿司

深夜までやっているお寿司屋さん。

こじんまりとしていて意識していなかったら通り過ぎてしまう

場所にそのお店はあって

中はカウンターで7席しか無い。

ここのメニューが変わっていて

千円の値段で10貫のお寿司がおまかせで出てくる。

メニューはその10貫と

他に幾つかの巻き寿司にお椀物。

回転はかなり早いがひっきりなしにお客が来て絶えない。

持ち帰りにされる人もいるほど。

1時間くらい待ってようやく食べられた。


席についてオーダーすると次々に10貫出て来る。

驚いたのは鉄火巻きの中身が白身の魚(カンパチ)だということ。

聞けば九州ではマグロの習慣はなく、

鉄火巻きといえば白身の魚なんだとか。

(写真右手。一番右の巻物)

そういえば、石川県ではブリをまいているものもあった。

海の近く。当然お寿司は美味しゅうございました。
三軒目:オニギリ

まさかの米のはしご。

でもこれから紹介するお店は長崎でも有名な

オニギリ専門店で深夜までやっており、

飲みの最後に締めで行く人がおおいのだとか。

オニギリの種類は20種類以上!

サイドメニューも豊富。うどん にお茶漬け…。。

店内で食べたいのはヤマヤマだが、

流石にお寿司すぐの後は厳しいのでテイクアウトして

明日の朝ごはんにする。

そして、当日駆け込みで泊まれたホテルにチェックイン。

明日の起床時間などを打ち合わせしている横にオニギリを

置いていたのがまずかった。

炊きたてのご飯に海苔の香りがする…。

散歩で少しこなれてきたのと匂いに

朝ごはんにするはずのオニギリは…


深夜の夜食となりました。

大変美味しゅうございました。

大分産のお米にぎっしりの具材。

ふっくらの握り具合。食べすぎましたが

幸せを感じるオニギリでした。

この日は長崎に一泊!

明日の朝は、行けたら行ってみて。

と言われた長崎チャンポンのお店に行ってから

帰ろうと思います。

(朝ごはんのオニギリ食べちゃったからね)