脊柱の関節可動域を感じる。

脊柱の椎骨を矯正(アジャストメント)する時にまず必要なことは脊柱の椎骨の関節可動域を感じるということである。

 

この関節可動域を感じる方法としては直接椎骨を触って感る事が重要である。

 

後で説明する脊柱のスプリングテストやプルアンドプッシュを使うと感じやすい。

 

しかし、関節可動域を感覚てして感じることも重要であると考える。

 

関節可動域を感じる重要性とは

モーションパルペーションを使って検査として関節の可動域の正常と異常を確認する事はカイロプラクティクや整体の技術書に当たり前として書いてあることであるので、これは当たり前でとても重要な検査である、しかし臨床経験の多い整体師はモーションパルペーションの前にまず感覚として関節可動域の正常と異常を感じる事をしている。

 

この感覚としての関節可動域を感じることも僕は重要と考える。