脊柱のモビリゼーション

脊柱(背骨)を動かすのは整体師としては当たり前のことなのですが。。

整体やカイロプラクティックの治療を受けたことのある方なら分かると思いますが、ほとんどの場合は伏臥位(うつぶせ)で背中を押されるように背骨を動かしてもらう事が多いと思います。

この時に触られて嫌な感じがする

押されると痛い

なんだかゾワゾワする

そんな感想を抱いたことはないですか??

僕はあります。

初めて会った人に身体を触られるわけですから、なんらかの拒否反応がでるのも当たり前だと思います。

しかし、治療家の手を持っているとその嫌な感じはないです。

身体を触られて嫌な感じがする治療家は下手くそです!!

間違いないです!

ちょっと話がずれてしまいましたが、脊柱(背骨)を動かす時に伏臥位(うつぶせ)ではなくて側臥位(よこむき)で寝て動かすととても大きく可動して、とても心地が良いのです。

圧迫されるような苦しさは一切なく、グッと脊柱(背骨)が動くのです。

びっくりするくらいの可動がつきます。

ただ、このテクニックは少しコツが必要です。

そのコツが触られて嫌な感じがする治療家の手と心地よい治療家の手の大きな違いになります。

整体やカイロプラクティックで身体を整える

せっかくなら心地の良い手

治療家の手をもったセラピストに治療してもらいたいものですね。