矯正のコツ「最密位」

今日は矯正のコツの一つについて詳しく書いてみる。

言葉だとなかなか理解できないかもしれないけれど、分かりにくいと言われないように僕の持つ最大限の語彙力と説明力でわかり易く書いてみます(笑)

矯正のコツには角度・方向・圧というのが言われるのですが、もう一つ「最密位」と言うのがある。
この「最密位」とは矯正したいターゲットとする骨以外を的確にロックして動かないようにする事で正確な矯正をする為に必要な事なのだが、慣れないと難しい。。

しかし、自分で動かしてみると動きとしては理解ができる。
一番わかりやすい動きは自分の頚椎の動きで最密位を確認する方法である。

頚椎を回旋させる動き(後ろから呼ばれた時に振り向く時の動き)をすると頚椎は回旋する、この時に屈曲や伸展を伴うと頸椎のロックが少しだけ外れて動ける範囲が大きくなる。
しかしこの時に側屈をしながら回旋させると急激に頚椎の回旋運動ができなくなってしまう。

この動き方を使って矯正するのが頚椎の矯正方法である。

圧・方向・角度が決まって最密位が的確に取れた時に簡単に力を使わないで矯正する事ができる。と言うのが教科書に書いてある事なのだ、この教科書に書いてある事ってのは、それではそのテクニックは使えないと言う事なのだ(笑)
机の上で学ぶにはその理屈を知らないとクライアントにケガをさせてしまう可能性が高くなるのでそれ以上のことは書いてない。

しかし、関節が動く為には的確な最密位をとってしまうと関節は動かなくなるのだ。
関節を動かすにはほんの少しのアソビ(すきま)が必要なのだ。

しかも、一度的確な関節ロックを行なってしまうとその瞬間に全身の関節がロックを始める。

だから精密位を取る時にはほんの少しだけアソビ(すきま)を持たせておく事も必要なのだ。

このアソビが多すぎるとクライアントを壊す矯正になるし、しっかりと最密位を取ると関節がロックし過ぎて動かないし痛い。

関節を動かすためのほんの少しのスキマを開けて、その開いたスキマに骨を入れる。そんな感覚が必要なのだ。

チカラを使わないソフトな矯正技術にはしっかりとした最密位が邪魔をする事があるのである。
だから、矯正になれてきて精度が上がってきた時に、突然、矯正ができなくなる事があるのである。

矯正テクニックを始めた頃にビギナーズラック的に矯正できてしまった、と言うのはしっかりとした最密位ではなくて的確な最密位がたまたま取れてしまったというのが多いのだと僕は思う。

ビギナーズラック的な矯正の成功から自信をつけて矯正テクニックに慣れるが、なれてきた頃に何故か矯正テクニックができなくなる事がある、この時に「最密位」のコツを思い出してもらえると今まで以上に矯正テクニックがソフトになり、より正確に精度の高い矯正が習得できるのである。

ここが治すためのテクニックと学ぶためのテクニックの大きな違いなんだと思う。

学ぶための技術から、治すための技術へ矯正テクニックをアップデートする。