治療家としての実力

世の中が新型コロナウィルスで濃厚接触が懸念されるところは営業の自粛が言われ僕たち治療家の業界でも対応が色々と分かれている。

そんな時だからこそ治療家としての実力が問われる時だ。

最初に言うが、僕の近しい仲間の治療家・整体師、整体技術矯正クリニックで教えている自営業の治療家・整体師に営業を自粛している治療家・整体師はいない。

その理由は明確である。

「クライアントに必要とされているからである」

このクライアントに必要とされるかどうかと言うのが治療家・整体師の実力である。

今、クライアントに必要とされている治療家・整体師と営業を自粛します。。となる治療家・整体師の違いはどこにあるのか?

実力の違いと言ってしまったらそれで終わってしまうので(笑)その実力とは?を考えて欲しい。

それは治療家・整体師としての根元の部分がクライアントにしっかりと伝わっているかどうかが問われているのである。

あなたの治療家・整体師として、何のために治療をしているかどうか?なのだ。

リラクゼーションの為にとか、腰痛や肩こり・頭が痛くならないようにとか、予防の為にとか、の理由であなたの治療院にクライアントが通っていれば濃厚接触を避けなければならない時にはスグにクライアントはあなたの治療院にキャンセルを入れるでしょう。

しかし、人間の持つホメオスタシスを上げる為に通っているクライアントにとっては、整体技術というのはこの上ない新型コロナウイルス対策になると言うことが伝わっている。

以前のブログにも書いたが、整体の本質(根元)の部分は痛みを取るとか、不調を解消することではない。結果、そのような事も期待できると言うだけである。

あなたの整体の定義はなんですか?

僕の整体の定義は「薬物や手術に頼らず、人間の本来持つホメオスタシス(恒常性)自然治癒力を高めるための手技である」です。

その手段として関節や筋肉を矯正したりして可動をつける。

そして交感神経と副交感神経のバランスを取り、身体にかかるストレスを軽減させる。

そのための技術でありテクニックである。

もし整体を学ぶのであればその本質から教えてもらう方が大切なのである。

痛みを取るための技術を学んでいたり、○○秒で良くなる!って言うような小手先だけのテクニックを学んでいると、世の中が緊急事態宣言を出されて濃厚接触を避けるようにと通達があれば営業を自粛した方がいいという選択をしなければならない。

ちゃんとした治療家・整体師はこんな時だからこそ必要とされるので、クライアントに営業の自粛をさせてもらえないのだ(笑)

新型コロナウィルス対策で必要な事は、手洗いうがいの徹底、治療テーブルの消毒の徹底、指先・手の消毒の徹底、マスクをつけるなどとを言われているけどこれって当たり前の事だよね。。治療家がクライアントを触る時には当たり前にしなければならない事を今更、対策だと騒いでることの方がおかしいでしょ?

だからと言って、整体の技術が新型コロナウイルスの対策になると声を大にして言うのもない、感染源になるのことは絶対にあってはならない事である。

今まで以上に消毒などには気を遣い、治療家・整体師自身は不要な濃厚接触を避けなければならない。そして毎日検温をして少しでも体調がおかしい時にはすぐにドクターの診断を受ける、こんな時は我慢したりがんばったりするのではなく、スグに営業停止すると決める事である。

その早い決断や正直に話をすると言うのもクライアントに信頼される重要な事なのである。

最後にもう一度言います。

こんな時だから治療家・整体師としての実力が問われているのです。

世の中に必要とされているところはどんな時も続いている。

絶賛営業中とか言う無粋でダサい事も言うものではない。

ただ、クライアントに必要とされる治療家・整体師になることが重要なんじゃないかな?

整体矯正技術クリニック
治療・整体の基本のきから伝える整体矯正技術矯正クリニック