整体師のマッサージは違法です

整体師がマッサージする事は法律違反なんです。

整体師がマッサージすることは違法です!!

そうです。

法律違反です。

マッサージはマッサージ師の仕事でその仕事を奪うような事はしたらダメなのは当たり前のことです。

整体師が「ほぐし」と言いながら筋肉へアプローチする事があるのですが、これはある事が条件で筋肉へのアプローチを認められている。

整体師にも認められている筋肉へのアプローチの条件とは!?

整体師がすると違法になるマッサージとは??

整体師が筋肉へのアプローチで認められている条件とは。

関節の矯正の為の準備としてです。

ですから、、、関節を矯正しない整体師は筋肉へのアプローチもしたらダメ!!って事だと僕は考えます。

関節の矯正をしないでいわゆる「ほぐし」だけで治療が終わってしまうようであればそれはマッサージ法違反の法律違反である。

最近の整体師はそんな事も知らずに筋肉へのアプローチをしている。

しかし整体師は筋肉へのアプローチも上手であるのも現実である、その理由は関節を矯正する為の準備として筋肉へアプローチすると言う事は関節の歪みに大きく関係する深部筋肉へのアプローチを的確に行うからである。

言い方を変えると関節の矯正ができない整体師は筋肉へのアプローチも下手くそで深部筋肉に触れてなと言ってよい。

骨(関節)を矯正できない。

骨(関節)の動きが分からない。。

である。。。

しかも骨という硬い指標に触れないのに筋肉などの軟部組織に的確に触れられる訳がない。しかも起始部・停止部の筋付着部も分かってないとなったら。。。どうでしょう。

ですから解剖生理学をしっかりと学んでいる柔道整復師(接骨院の先生)や看護師・マッサージ師・鍼灸師の方が整体の矯正技術を学ばれると整体師はとっても困るのです。。

最近は巷で接骨院が整体院という名前で看板を出していたり、ホームページでの検索結果で上位表示される多くの整体院というのは接骨院なのである。

ただ、柔道整復師も基本的にマッサージは違法ですし、慢性疾患(慢性腰痛や肩こり、頭痛など)の治療は法律違反となり保険も適用されないはずである。

20年以上、関節の矯正だけでやってきた整体屋の僕が言います。

関節の矯正は安全です。

決して危険ではありません!!

ただ1つの椎骨(関節)だけを矯正する技術は簡単ではないですが、脊柱のバイオメカニズムを理解し独特な可動と可動域を感じて矯正のコツが分かれば難しくはありません!!

僕はすべての関節を動かす事はできます。

関節は他動(他人に動かされる)で矯正されて初めて正常な位置に戻ろうとする、その時にクラック音(矯正音)は必要である。

筋肉へのアプローチだけで関節が正常な位置に戻るのか?

体表の筋肉だけアプローチしても戻る事はまずない。

とても痛い深部筋へのアプローチは戻る可能性がある。

また、自分で運動して正常な位置に関節が戻るようであれば整体の矯正技術はここまで発達していないはずであるし、慢性的な腰痛や肩こり、頭痛などで悩む人は少ないはずである。

現代の人間の身体には的確な骨格矯正は必要なものなのだと僕は考えます。

最後に・・・

関節の矯正をより効果的にするために筋肉へのアプローチや靭帯へのアプローチも必要であるがそれが整体師の技術だと勘違いしてはならない。

整体師が関節の矯正ができないとそれは違法なマッサージ師になりかねないと言うよりもマッサージ違法行為をしているとしか言えない。

また安全な・・・とか

簡単で効果的な・・・とか

言葉の魔術に騙される整体師も少なくない。

本来の整体師の一番の仕事は関節可動域の回復でありその技術として関節の調整や矯正がある。

この関節の矯正が出来なければ整体師とは呼べないのであるし関節の矯正をしない整体師が増えているからドクターが整体を認めない大きな要因だと私は考える。

私のクライアントにはドクターもいます。

ドクターも関節の矯正と調整は整体師が専門でドクターの専門ではいとハッキリ言います。

医療行為と医療類似行為、そして違法な医療類似行為とを明確にするためにも整体師は関節の矯正が出来ないといけないのである。

関節の矯正技術を学び自分のものにすることによって整体師の社会的地位の向上と本来の整体技術は理論的であり、科学的・哲学的・なにより安全であると理解し理解してもらうことが重要である。

手を抜き、気を抜くと関節の矯正技術は危険な技術となる。

したがっていつまでも学ぶ姿勢と謙虚な姿勢を忘れてはならない。

患者の身体を良くすることができるのは患者だけである。

整体の技術も患者の回復のサポートをしているに過ぎない。

これはドクターの行う医療行為も同じである。

自分の技術を過信せず患者の身体の回復のために整体師ができること、それが関節の矯正なのである。

メールマガジンを購読する