整体師が関節をターゲットにしなければならない訳

マッサージ師・鍼灸師は筋肉を緩める事が仕事である。

柔道整復師は急性の怪我、打身や打撲、捻挫、骨折の治療が仕事である。

医師は病気の治療が仕事である。

それが国家資格でできる事である、逆の言い方をすればマッサージ師・鍼灸師が打撲や捻 挫、骨折の治療は出来ないし、柔道整復師が肩こりや腰痛の治療をする事も出来ない。

では整体師がしていい事は?
唯一、関節を調整・矯正する事なのだ、筋肉へのアプローチ はマッサージ師の仕事でり、急性の外的損傷へのアプローチは柔道整復師の仕事である。

また、肩こりや腰痛などの症状は病気ではないので本来ならば保険の適応外の症状なのである、日本の法律上、保険で治療できるのは病気だけなので病気でない症状に対しては保 険で治療する事が出来ない、だから整体のような完全に自費治療でアプローチする必要が あるし仕事として認められれているのである。

しかし、自費の治療だからと言って何をしてもいい訳ではない、整体師にできる事は関節 にアプローチして関節の調整・矯正をする事だけなのである。

それが身体の歪みを取ると いう事なのである。 だから、整体の目的と手段をしっかりと考えなければならないのである。

整体の手段:身体の関節の矯正・靭帯、筋膜、筋肉の調整と矯正・内臓の調 整 を用いて、整体の目的:関節の可動を正常にする事により自律神経を整えホメオスタ シスを高める が達成される事により身体の不調や痛みからの解放を期待する、期待する だけなのである。

整体師のするべき事は痛みを取ることではないし、不調を解消することでもない、「薬物 や手術に頼らず、人間の持つ恒常性(ホメオスタシス)を高める為の手技である」だから 整体師は関節をターゲットにしなけれなならないのである。

(整体基礎技術・テクニックハンドブックより抜粋)

自分で言うのもなんですがなかなか重要な事を書いてます(笑)

最近ではエステティシャンや女性のセラピストもちゃんと整体の矯正技術を身に付けたいと言われることも増えてきた、整体の関節矯正テクニックの重要性がもう一度認識されつつあるのだろうか。

今までの取得するには簡単そうでソフトなテクニックが好まれていて、そんな勉強会が山ほどあるけど、そろそろ気づいていただけたかな。。。そんな技術は身につかないし使えない!

僕は技術はアカデミックでなければならないと思っている。

アカデミック:[形動]1学問の分野で正統的で堅実なさま。学究的。2 伝統的、格式的で、新しさや生気に乏しいさま。

アカデミックな技術テクニックを身につける事が治療家セラピスト、技術屋さんとして自信を持つ一番の近道なのである。

マッサージ師・柔道整復師・理学療法士・なんちゃって整体師の人に警告したい。
女性のエステティシャンや女性セラピストがアカデミックな整体の技術を身につけたら脅威になりますよ。。。治療の業界がひっくり返るくらいの変革が怒ってしまうと思う。。。。その理由はまた次回。

関連記事

メールマガジンを購読する