整体は水色でなければならないのかもしれない

ホワイトカラーとかブルーカラーとか何だか昭和の言葉になっているような気がする、言い方を変えると職業差別的な言葉になってしまう気もするホワイトカラーとブルーカラー。

時代も平成から令和になり働き方も変わって、昭和の時代に整体が必要とされていたのはブルーカラーの職業の方々に合わせた技術・テクニックが好まれてきた、しかし今はホワイトカラーと言われる人の職業に必要とされているのが整体の技術・テクニックなのではないか?

それは治療家側がターゲットにしているクライアントが変わってしまっただけなのかもしれないという事も言える。

治療家という仕事も本来はブルーカラーの仕事である。。。

このイメージを払拭する事が最近の技術・テクニックセミナーなどに必要とされてきている気がするが、本質的にはそうではない(笑)

いくら治療家がカッコつけても変えられるものではないと僕は思っている。

だから整体というのは水色でなければならないのである。

ホワイトカラーだのブルーカラーだの言うこと自体がナンセンスなのはわかっているけど、治療家は水色何だとわかりやすいように言葉にしておくと言うのはとても重要なのである。

身体の動きや構造、動かし方はブルーカラーの人が聞いても納得できるように。

治療家に必要なセンスや感性・クリエイティビティはホワイトカラーの人が聞いて共感してもらえるように。

そして、

どちらかに特化する事は難しいのが整体というところである。

水色になれる治療家が求められているのだ!

だからと言って顔を水色に塗っても不健康に見えるだけだから絶対にやめた方がいい(笑)

整体は水色だから面白い!!なのである。

==================================

ちゃんと関節を動かすことのできる治療家になるための第一歩から始めてみませんか?

治療家の手の作り方からスタンス、そして指・腕・身体の治療家のしっかりとした使い方から始めてしっかりと骨を触り関節を動かす、そして関節を矯正するまでをしっかりと教えます。

もう小手先の技術セミナーに逃げないで一度しっかりと整体技術の本質を身に付けましょう。

技術の基礎・基本・本質を身につける全ての整体技術の本質が理解できて今まで学んできたテクニックがちゃんと使えるように変わります。せっかく身につけた技術・テクニックを自分のものにする為にも必要な整体矯正クリニックです。

これから整体の技術を勉強しようと考えている方も最初のこの基礎から基本・本質を学ぶ事が愚術を身につける為に一番重要な事であると思います。耳障りのいいあたかも簡単に技術が身につくと言うようなキャッチピーのセミナーや勉強会では技術は身につきません。

今、受講している方が必ず言うことは「整体のこの部分が分からないとどんな技術やテクニックも身につきませんね。。。」と言われます。

治療家の手作りからしっかりと関節を動かすことのできる治療家になることのできる整体技術クリニックはこちらかお申し込みください。>> http://alivewell.jp/整体技術クリニック/ >>

予定が埋まり次第募集を締め切らせていただきます。

関連記事

メールマガジンを購読する