失敗やプレッシャーを恐れる理由

失敗と聞くとあまりいい気がしない。。

プレッシャーって言葉もいい記憶のない人が多いと思う。

誰もがそうだと思う、この失敗やプレッシャーが怖い理由ってなんだろう??

考えてみると大人になって怖がる理由ってあんまりない気がする。

特に何かにチャレンジして失敗することなど、マイナスになることなどはほとんどないと言ってもいいと僕は考えている。プレッシャーに関して言えばそれこそ怖がる必要なんて全くない。

では、なぜほとんどの人間が失敗やプレッシャーが怖いのだろうか、それは子供の頃の洗脳によるものではないでしょうか。

子供が失敗やプレッシャーを恐れる理由って知ってますか?

それは、お父さん・お母さんに褒められたいってのが理由なんでだそうです。

子供の頃の運動会や部活や習い事で父ちゃん母ちゃんが応援に来てくれて、大きな声で頑張れって応援してもらったり、見に来てくれた父ちゃん母ちゃんにいいところが見せたくて純粋に頑張った記憶もあると思います。

そう、、子供は父ちゃんや母ちゃんに褒められたくて頑張るんです。その為に一生懸命になるのです!

だからお子様のいる方はどんな結果であろうが一生懸命頑張った事を大人も一生懸命褒めてあげる事が大切なんです。絶対に!!

そして、大人になって失敗やプレッシャーに負けてしまう人は、子供の頃に父ちゃん母ちゃんにいっぱい愛された結果だと思ってください。

結果を気にするよりも胸を張って精一杯、一生懸命やってみてください。

結果は後で考えればいいのです。

何だってとにかくやってみればいいのです(笑)

多くの大人は何にでも順番ってのがあるとか言い出しますが、その順番は誰が決めた順番でしょうか?

知る→覚える→考える→行動する

たいていの事はこんな順序で行動に起こす事がいいと大人は言うけどこれじゃあ無い。

知る→覚える→行動する→考える

漢字だけ順番に並べてみると「知覚動考」これを「ともかくうごこう」って言うんです。

うん!

何だか大臀筋がウズウズしてる人、いつから始めるか迷ってる人、もしいたら。。。

やっぱりとにかく動いてみよう!