変化し続けなければならない

時代が令和になって、2020年のオリンピックイヤーの今年は変化の年だといろんなところで言われている。

時代が変わり続けるように、やっぱり人も変わり続けなければならないと思うし変化に敏感に対応しなければならないです。

最近の若い子は。。。などとオジサンは言ってしまうけれど、最近の若い子が正解なのが時代の流れなのだ。

言葉使い一つとっても、最近の若い子はどんな言葉でも略してしまうとか、敬語の使い方がおかしいとか、これって昔からそうだったわけで、そこから「ひらがな」ができたとか、話し言葉で文章を書くようになったとか、ある種の文化や文明もそうやって生まれてきたのだ。

だから、最近の若い子はって言ってるオジサンほど時代遅れの頑固者なのだ(笑)

45歳のオジサンは昭和・平成・令和と三つの時代の移り変わりを体験して何を想うか。。。

大変な時代だからより楽しまなければ面白くない。

変化を楽しめる視点を持ちたい。

何より、もう歳だからじゃなくて、思いっきり青春しようぜ〜!!

そうなんです。

青春しようぜ!!

若者だけの特権じゃない(笑)その時その時に熱くなって、歳を重ねて守らなければならないモノがあるから真剣になれる事もある、本気になれるモノもある。

何事も思い立った時がタイミング、遅いとか早いとかそんなことは関係ないのだ!

やらない言い訳、できない理由の天才になる必要はない。

やらない言い訳、できない理由にごもっとも!と言うような事は一切無いのが現実なのであって、それは全てやる理由、できる理由に変わるのだ(笑)

「変わらないとは、変わり続けると言う事」

人間は進化している生き物なだから、変わらないと言っても変わり続けているのだ。だったら、変わることに恐怖を感じないで、変わる事を楽しもう!!

生き方が変わる整体技術矯正クリニックやってます。