初めての引く技術

整体技術矯正クリニック大阪ゼミも始まって、受講していただいている多くの方に言われることの一つに「引く技術の意味が分かりました」って事を言っていただきます。

治療家にとってクライアントの背中を触ると言う事はとても当たり前で誰でも行う事ではあるが、だからこそ治療家の技術のテクニックの違いがあからさまに出るところである。だから。。。一番拘らなければならないところでもあると僕は思っている。

そして矯正テクニックでの一番のコツは「引く」と言う事、スラストする、アジャストする、この時にも決して押す、押し込むと言う瞬間急圧などではなく、「引く」というスラストやアジャストをする事で危険性やクライアントの感じる不安感は一気に解消される。

この「引く」というコツを知らぬままに、出来ぬままに、カイロプラクティックのドロップテーブル何かを使えば日本人の華奢な身体ではクライアントに怪我をさせてしまうのは当然である。

日本人には日本人に合った矯正テクニックがあるのである。

そこにカイロプラクティックのテクニックが日本人にとってメジャーにならなかった理由がある。

日本人の関節の矯正を的確にするには一つのコツがある、日本人であるならばそのコツを理解して知って、上手に利用するととても簡単に矯正する事ができるし、安全な矯正技術を身につける事ができる。

 

僕たちの偉大な先輩治療家の先生方が教えてくれなかった事がこの日本人特有の技術のコツとミソである。

時代が変わっている今、もう隠している事がとってもナンセンスであると思うし、ちゃんと共有して全て伝えていかなければ整体の技術もカイロプラクティックのテクニックもとてもいいモノなのに衰退していってしまう。

 

どんなに機械化されようが、AIの時代になろうが人間の身体は人間が触る事で回復するのである。

この人が触る時のテクニックに整体やカイロプラクティックの関節を動かす矯正すると言う技術はとても有効だと思うし、どんな時代でも必要とされるモノだと思う。

 

少し話がズレてしまったので、話を戻す(笑)

「引く」技術を知って理解して身につけると背中を触るだけで、クライアントココロと身体を変える事ができるのである、そして「引く」技術を’体験したクライアントはもう「押す」技術の治療家に背中を触って欲しくなくなるのである。

「押す」技術は痛いし怖いのである。。。

背中を触るだけでクライアントを虜にする技術、それが「引く」という技術なのです。

「引く」技術と「押す」技術の違いを一度違いを味わって欲しい。。。

もう「押す」技術には戻れなくなります(笑)

 

そんな技術から始まった。整体技術矯正クリニック大阪ゼミ。

次回からも楽しみです!

みんなの技術が変わるだけでなく、目が変わるのだ!

 

 

整体技術矯正クリニックに興味があれば連絡ください。

あなたの治療家人生が変わります!変えます!!

関連記事

メールマガジンを購読する