保険治療から自費治療への移行に悩む柔道整復師の共通点とは

ある柔道整復師の整体矯正クリニックの受講生とお話している時に言われた、多くの柔道整復師が悩んでいることで保険治療から自費治療への移行だということである。

僕が伝えられる事は「仕事が違う」という事です。

これがとても重要でヒントになり移行するきっかけになると言われる。「仕事が違う」と簡単に言ってしまうから勘違いしてしまう柔道整復師の先生が増えてしまって小手先のテクニックや取手つけの治療技術に走ってしまうのがいろんな意味で悪循環を産んでしまう元凶となるのかもしれない。

まず理解しなければならない事は、柔道整復師が治療としていい事とダメな事をハッキリとする事。

これは柔道整復師に限らずマッサージ師も鍼灸師・理学療法士も同じであり、特に整体師に関しては絶対に守らないといけないルールというものがある。

それは「仕事の範囲を犯さない」という事である。

柔道整復師・鍼灸師・マッサージ師・理学療法士・名前が違って資格が違うという事はこれ全部仕事が分けられているという事であり、それを犯す事はダメな事なのは分かると思います。

タチが悪いのは整体師である。

世の中の整体師にこの仕事の違いを理解している整体師がいない。

何より整体師の仕事を理解してないインチキ整体師もいるくらいである。

整体師に治療(施術)としてやっていい事と悪い事、法律的にどうなっているのか?聞いて答えられない整体師は全てインチキ整体師である。そんな整体師のいう事は絶対に聞いてはいけない、身体を触らせるなんて絶対に辞めてください。

そんな整体師を見つけたら教えてください。

一緒に潰しにいきましょう!!治療業界の悪以外の何者でもないので。

少し話がずれてしまいましたが、、、柔道整復師が保険治療から自費治療に移行するヒントは、柔道整復師が治療としてしていい事、保険治療の範囲を犯すと保険料が一切入らなくなってしまうという事実を受け入れた時に全て柔道整復師が負の部分を被る必要はないという事である。。

柔道整復師の悪識習慣でもあった保険治療のグレーゾーンだった部分が厚生労働省の鶴の一声で白と黒に分けられてしまったのです。本来のルールとしては当たり前な事なんですけどね(笑)柔道整復師を擁護すると人間の体を白と黒に分けるのとても難しくグレーの部分が多いのが人間の身体であり機能だったりするのです。

それは柔道整復師がちゃんとクライアントに説明をする責任があると僕は思っている。

これを疎かにすると絶対に保険治療から自費治療に移行する事はできない。

そして段々と変えていくことも無理である。今日を境にガラリと帰るのが一番いい!

そして、整体の技術などを身につけるにしても「仕事の違い」を理解した上で理解した講師に教えてもらうのがいいと思います。

でなければどんなにいい技術やテクニックを学んでも限りなくインチキに近くなってしまう。。そうなると使い所も分からないしクライアントへの説明もできない。

痛みを取る!ということだけに執着してしまうと本当の意味で治療は成立しない。

だから多くの柔道整復師が保険治療から自費治療への移行に戸惑うのである。

もしも整体の治療技術を学ぼうと考えているのであれば、まずそれぞれの仕事は何で、治療としてしていい事としたらダメな事を理解した上で、整体の治療技術でもしていい事としたらダメな事から始まる技術講義でなければならないと思うし、そうでなければ使える技術は身に付かない。

僕が矯正技術にこだわる「矯正バカ」なのはそこに大きな理由がある。

整体師の僕だけど、インチキ整体師は潰したいと思っている。

国家資格を持った治療家に整体の矯正技術をお伝えすることがインチキ整体師を世の中から無くす一番いい方法でないかと思うからです。

世の中からインチキ整体師を撲滅する!!そんな想いに協力してくれる柔道整復師・マッサージ師・鍼灸師・理学療法師の方「整体技術矯正クリニック」は大歓迎です。

整体師やセラピストと言われる人にも本質の部分からお伝えするので国家資格を持った治療家に負けない整体師にするけどね(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

治療家の手の作り方からスタンス、そして指・腕・身体の治療家のしっかりとした使い方から始めてしっかりと骨を触り関節を動かす、そして関節を矯正するまでをしっかりと教えます。

もう小手先の技術セミナーに逃げないで一度しっかりと整体技術の本質を身に付けましょう。

技術の基礎・基本・本質を身につける全ての整体技術の本質が理解できて今まで学んできたテクニックがちゃんと使えるように変わります。せっかく身につけた技術・テクニックを自分のものにする為にも必要な整体矯正クリニックです。

これから整体の技術を勉強しようと考えている方も最初のこの基礎から基本・本質を学ぶ事が愚術を身につける為に一番重要な事であると思います。耳障りのいいあたかも簡単に技術が身につくと言うようなキャッチピーのセミナーや勉強会では技術は身につきません。

今、受講している方が必ず言うことは「整体のこの部分が分からないとどんな技術やテクニックも身につきませんね。。。」と言われます。

治療家の手作りからしっかりと関節を動かすことのできる治療家になることのできる整体技術クリニックはこちらかお申し込みください。>> http://alivewell.jp/整体技術クリニック/ >>

予定が埋まり次第募集を締め切らせていただきます。

IMG_7571.png

関連記事

メールマガジンを購読する