便秘は国民病みたいになってしまったその理由と便秘の種類を考えると一発で解消できるよ

便秘が下痢かと思うくらい全部出ちゃう便秘解消テクニック

目に見えないウイルスと戦い続けているこの2年、、、多くの人が身体の不調を訴える。

体調の変化が顕著に出るのが、考える臓器の「腸」ストレスにも早く反応するし腹部の大部分を占めている。

この腸が、もう仕事をしたくない、仕事ができないと言い出したらスグに便秘になったり下痢になったりする。

腸へのアプローチで整体師としての技量の大きさがスグにわかる(笑)

腸の蠕動運動がぁ〜って言いながらお腹をグリグリするだけでは、、、分かってないなぁって思っちゃう。

今日は便秘の事を少し書いてみます。

 

便秘の種類

・弛緩性(しかんせい)便秘

大腸の蠕動運動が低下することで起こる便秘です

・痙攣性(けいれんせい)便秘

自律神経の乱れにより便秘になってしまう状態

・直腸性便秘

便を押し出す力が低下してしまって起こる便秘です

・器質性便秘

病気による便秘なので場合によっては医療処置が必要です

(これを整体師が診ようとするとおかしなことになる。)

弛緩性便秘 痙攣性便秘 直腸性便秘 へのアプローチが整体師ができる治療である。

という事は、、、

機能低下・自律神経反射・精神的機能低下・筋力低下のアプローチが必要である。

機能低下

腰椎 仙骨 骨盤 の矯正、可動回復と刺激

自律神経反射・精神的機能低下

腹圧の調整 自律神経の調整

筋力低下

直腸への刺激と腹直筋筋膜停止部の調整

腰椎 仙骨 骨盤 の矯正、可動回復と刺激

スプリングテスト・矯正アジャストメント・振動

腹圧の調整 自律神経の調整

押圧 振動 マッサージ

江尻の便秘回復アプローチの肝となるところは。。。

直腸への刺激と腹直筋筋膜停止部の調整をする事が多くの整体師の便秘アプローチで足りないところである、

なのでこの部分へアプローチをしっかりとしていく。

腹直筋筋膜停止部

恥骨結合上辺から腹直筋膜への刺激

腹直筋筋膜停止部から筋腹へ向かって筋膜の調整

直腸への直接刺激

直腸へ直接の押圧することにより直腸の機能回復

直腸への直接刺激により最終的な便の排出機能を改善させることによって劇的に便秘の解消を図る

ってかっこつけてまとめてみた!!

まぁどんなテクニックを使うにしても基本となるテクニック・基礎となる技術ができないとうまくいかないけどね。

 

 

治療家の技術の礎を作る完全プライベート技術スクール「整体技術矯正クリニック」

一緒に矯正バカになりましょう(笑)

治療家の手の作り方からスタンス、そして指・腕・身体の治療家のしっかりとした使い方から始めてしっかりと骨を触り関節を動かす、そして関節を矯正するまでをしっかりと教えます。

もう小手先の技術セミナーに逃げないで一度しっかりと整体技術の本質を身に付けましょう。

技術の基礎・基本・本質を身につける全ての整体技術の本質が理解できて今まで学んできたテクニックがちゃんと使えるように変わります。せっかく身につけた技術・テクニックを自分のものにする為にも必要な整体矯正クリニックです。

これから整体の技術を勉強しようと考えている方も最初のこの基礎から基本・本質を学ぶ事が愚術を身につける為に一番重要な事であると思います。耳障りのいいあたかも簡単に技術が身につくと言うようなキャッチピーのセミナーや勉強会では技術は身につきません。

今、受講している方が必ず言うことは「整体のこの部分が分からないとどんな技術やテクニックも身につきませんね。。。」と言われます。

治療家の手作りからしっかりと関節を動かすことのできる治療家になることのできる整体技術クリニックはこちらかお申し込みください。>> http://alivewell.jp/整体技術クリニック/ >>

予定が埋まり次第募集を締め切らせていただきます。

関連記事

メールマガジンを購読する