他人と自分は何が違うのか?

他人と同じはいいことですか?

他人と違うはいいことですか?

 

どちらも良いことであり、悪いことでもある。

 

個人で仕事をしている人にとっては他人と同じことはあまり良いことではないが、私たちが学校教育で受けてきたのは他人と同じことは良いことですという事。

 

僕は思うのです。

他人と自分と何が違うか?

他人と自分は全く違う!!

同じものがあるとすればそれは同じ人間であるということだけだ。

 

頭の中のこととなると全く違うのが人の頭の中。

思考や趣味、好きなことや響く言葉、個性と一言で片付けるにはもったいないくらい人と人は違うのだ。

 

整体の患者さんでも痛いという現実を目の当たりにした時にこの痛いと言う現象を良いことと取る患者さんもいれば、悪いことと取る患者さんもいる、どちらが良いとか悪いとかではなくて、ひとつの現象が全く反対の考えになるということが言いたいだけです。

 

これを良いとか悪いとかの物差しで測るとおかしなことになる。

どちらもしっかりと話を聞かせてもらうとそれなりの理由があるわけでそれが人それぞれの違う思考である。

しかし、その思考を人に伝えるとなるとなるこれがまた難しい。。。

 

多くの人がこれで悩むわけです。

 

他人と自分と何が違う?

これの僕の答えは人間という同じ生き物ということが同じだけで、全く違うもの。

特に頭の中に関しては全く違うものというのが僕の考えです。

 

全く違う人に自分の想いを伝えるって難しいものですよ、それをいとも簡単にできますなんて嘘です。

こうすれば人はこう動くとか・・

こうすればこうなるとか・・

そんな簡単にうまくいかないからこれがまた面白いわけです。

 

人も身体も10人10様であって受け取り方も様々です。

でもそこにはある一定の法則はあっちゃったりするんですよね。

 

なんせおんなじ人間ですから、、、

おんなじ哺乳類ですから。。。

おんなじ生き物ですから・・・。