上部胸椎の矯正を得意にするために

脊柱の矯正で一番難しいとされている上部胸椎の矯正を得意にする一番のコツは見て頭の中で脊柱の動きをイメージする事、そして自信を持って矯正する事です。

なんだか当たり前のことなのだけど、できないときは他人の矯正を見るということすらできなくなるモノである。

そして真似をするのである、

スタンスや頭の位置、目線がどの方向に向いているのか?肘の角度はクライアントに対してどんな角度なのか?何より大切なのは自分の姿勢がどうなっているかを確認することなのだ。

そしてその姿勢をしっかりと取るためには手順も大切でコンタクトまでの指の運びも大切で指運びで迷うとティシュプルが迷うということになりコンタクトが甘くなる。

脊柱の矯正は細かいことに積み重ねで、できるできないが大きく変わる。

サムムーブメントもコンビネーションムーブメントもかっこいいテクニックであり繊細なテクニックだと言える。

上部胸椎の矯正が得意になるために今日は一つ違うテクニックをお伝えしようと思います。

クライアントの頭方からアジャストする方法である。

このページの写真とは違うテクニックなので間違えないように気をつけてください。

実はこのテクニックはとても簡単に上部胸椎を動かす事ができるテクニックであり、上部胸椎の動く方向を自分の感覚に落とし込むにもいい方法だと僕は思っている。

T1-PRのサブラクセーションを例えて手順を説明してみるので素直にそのまま試していただきたい。

PP:伏臥位

DP:クライアントの頭方に立位

頭方からT1のSPを両中指で触診

左中指に左母指を接触

左中指と左母指を入れ替える

左母指で皮膚のたるみを取る、この時の方向はクライアントの右足方に向かって

術者の右パイシフォームをクライアントのT1右TPにコンタクト

術者はフェンサーズスタンスをとる、上体は少し上げ気味で

CP・SCPにしっかりコンタクトしたらクライアントに顎を立てさせて、術者の左手の示指根を使って両腕がクロスするようにクライアントの頭を倒す、この時に顎を支点にして頭を倒す

クライアントのおへその方へ向かってアジャスト

 

思ったよりも頭方からアジャストする事がコツであり、クライアントの上部胸椎を背側からアジャストしようとすると上手くいかない事が多い。

これが上部胸椎のアジャストの角度である。

コンビネーションモーブメントもアジャスト方向は同じであるのでこの方向を覚えて感じていくとサムムーブメントのアジャストの方向も分かってくる。

このアジャストの方向を感じられるというのが矯正を上達させるうえで一番のヒントとなるところである。

胸椎の矯正には肋骨という邪魔になるところもあるが、動く角度を知る、感じることで色んなイメージも膨らみ、肋骨の調整・矯正も得意な部位となる。

上部胸椎のアジャストが得意となると、治療全体がしまってくるし、クライアントの実感としても呼吸が大きく変わるのでクライアントの身体の変化は大きい。

今、もし上部胸椎の矯正に自信をなくしていたとしても、続ければ必ずできるようになるので、できる人の技術をしっかり見る事、頭の中でもしっかりイメージする事、チャンスがあれば自信を持ってアジャストしてみる事。

そんな事を気にしてください!

と、過去の自分に言い聞かせたい(笑)

今となっては無意識にアジャストの方向を決められるけど、あの時は悩んでたな。。。