ルーツ整体塾『すごい!」「大好き!!」

毎月第三の日曜日は僕はウルトラの星に帰る。

かれこれ15年以上の間必ず帰る場所がウルトラの星。

そこが御前崎にある、僕の第二の故郷であり、オットーとオッカーの居るところだ(笑)

師匠のいるところです!

臨床セラピスト治療家塾『RrooTs』

そこには師匠がいるだけでなくて、気の合う仲間も気の合うライバルもいる、だから毎月毎月、たくさんの刺激と学びをいただく、そして本物を目指す為の稽古の場でもある。

御前崎に行くと、元気になるとかエネルギーを充電できるとか、技術を習得できるとか、切磋琢磨できる仲間がいるとか、だからウルトラの星なのだ。

時には本気のダメ出しをされ。

時には雷と落されることもある。

しかし、ここにはRooTsがある、そう僕の根元があるのです。

治療家としての根源がある場所である。

技術の習得に必要なことはどれだけの稽古を積むことができるか?であると僕は思います。

稽古??

そうです、稽古とは基本の技術を繰り返すこと、どんな応用も難しい臨床も必ず基本の技術の上に成り立っているのです、その基本を疎かにすれば必ず技術は崩れる、そして自己流になり、事故流と変化するのだ。

天狗になって調子に乗った治療家に一番多いのが事故流なのだ。。。

自己流を稽古によって型ち造る、その基本からしか、ファインプレーは生まれない。

世界一のベースボールプレーヤーは世界一キャッチボールが上手い。

世界一の柔道選手は世界一受け身が上手い。

スポーツの世界でも一流のプレーヤーは基本動作を誰よりも沢山稽古して、誰よりも上手にやる。

それは整体という技術も同じだと思う。

世界一の整体師がいたとしたら、多分世界一整体の技術の基本が上手であるはずである。

そんな基本の稽古を15年以上続ける場所ルーツ整体塾は凄い!!

それを続けさせる師匠は凄い!

そして一番退屈で難しい稽古を15年以上続けている自分もたまには褒めてあげよう(笑)

最後になぜ稽古がこんなに長く続けられるかというと、、、

悔しいけれど師匠のことが大好きだからかな。

絶対に師匠に「お前も本物になったな」って言わせたやるぜ!!