ココロで覚える

学ぶ時、覚える時に、頭を使って覚えようとする。

これが使えない知識・使えない技術になる最たる理由なのである。

机上の空論とも言われたりする事もあるでしょうか。。。

じゃあ、使える知識・使える技術として覚える・身につけるにはどのようにするのがいいのか?

それは「ココロで覚える」のだ。

ココロで覚えることができるとそれを人に伝える時には、饒舌に伝えることができるし、身振り手振りを踏まえて相手のココロに刺され話ができる。

なぜなら自分自身もココロで感じていることだから、それを伝えたくていろんな言葉が出てくる。

しかし「頭で覚える」と言葉は全く出てこない。。。だけでなくどんなに上手に話したところで人に伝わらないのである。

技術を覚える時には、よく「身体で覚えろ!」などと言われることがありますが、これも僕はココロで覚える事の一つだと認識している。

ではココロで覚えるとはどういう事なのか?

それは喜怒哀楽などの感情を含めて覚えるという事である。

楽しい・嬉しい・感動した・悔しい・寂しい・どんな感情でも構わないのである。この感情を含めて覚えることが、学んだ事、経験した事を知識に変える一番の方法なのである。

以前のBlogで書いた、できるかできないかで決めるのではなく、やりたいかやりたくないかで決める。という事を書いた記事があるが、これもココロで覚えるという事の一つである。

やりたい!できるようになりたい!!そんな想いで始めれば必ずできるようになる!!なのだ!

今、僕も人に技術や知識をお伝えするという事をしている、その時に一番気にしているのが、このココロで覚えて欲しいというところである。

楽しい・面白いだけでなく。悔しいとかイライラするとか、負けたくないとかの感情も刺激したりする。

そうやって覚えた知識や技術は絶対に忘れないし、確実に身につくし使える。

時間のあるこの時期にいろんな方法で学ぶことが増えていると想います。

頭だけで覚えていても単なる時間の無駄になってしまう。

こんな時だからこそ「ココロで覚える」意識してください!!