カイロプラクティックのテクニック

カイロプラクティックのテクニックは日本人には合わない!と僕は思います。

理論や概論などの学問としてのカイロプラクティックとしてはとても素晴らしいと思うし、治療家も学ばなければならないところも沢山あると思いますが、骨を矯正するテクニックについては日本人には合わないテクニックだと僕は考えます。

現実にカイロプラクティックって言葉自体もあまり使われなくなってきているような気がする。

ディーバーシファイドテクニックと言われるカイロプラクティックのテクニックはとてもダイナミックで強い力で矯正する事が多いし、専用のベット、ドロップテーブルなどを使って行うテクニックもあるが、これらは矯正の為の補助具であり、技術の未熟さを補うものだと僕は考えている。

日本人にとってはやはり整体的な矯正が日本人の身体にも合っていると感じます。欧米人と日本人では脊柱のS字湾曲の大きさが違います、そこが日本人にはカイロプラクティックテクニックが合わない最大の理由である。

日本人の脊柱を矯正するにはあんなに強い力は必要ない、それは矯正の角度を的確に合わせることができればいいのである、だからカイロプラクティックのテクニックではなく整体的なテクニックの方がしっかりと関節を決めながら小さい力で矯正する。

関節を決めながらってのが整体的矯正のミソになる。

この整体テクニックは日本人の特有な技術だと僕は思っている世界に誇れるテクニックである。

そろそろカイロプラクティックはナンセンスだね!とか、それは技術のない人の使うテクニックだね!と言われるようになると思う。

なぜなら、ディバーシファイドテクニックはアメリカでも教えなくなっているそうだ、欧米人にも受け入れられなくなってきたのだ。

その理由の一つに、欧米人のS字湾曲の現象化があると考えられる、僕のところに治療に来るアメリカ人は皆S字湾曲が少なく日本人的な背中になっているのだ、そしてアメリカ人には肩凝りの概念がないと教わっていたけど、肩凝りの症状を訴える。そして整体矯正技術が通用するのだ!

これでは、ディバーシファイドのテクニックは出番がない。。。これからは整体の時代だ(笑)整体「Seitai」が世界の技術になる日は近いと思う。

実際に世界で活躍している整体師も沢山いる、親友のコトーちゃんもその一人だ。世界中にクライアントを持っている。

僕はまだまだ、アメリカ人がほとんどでヨーロッパやオーストラリアの人はウィンドサーファーくらいしか治療したことはないので、アスリートとなると少し違って来るところもあるが、アスリートでも結構な人数が肩凝りを訴える。

そして整体矯正テクニックが「グレイト!」とか「ビューティフル!」と受け入れてもらえる。

もしかしたらカイロプラクティックのテクニックは日本人に合わないだけでなく、世界中の人に合わなくなっているのではないか!?

これからは整体矯正技術の時代になるのか!!

整体矯正技術。。。どこかで聞いた。。。

整体技術矯正クリニック!!やってます(笑)

冗談はさておき、本当に技術が変わってきていることは現実だ。

世界に通用する整体を身につけるってのは面白いね。

そんな事を考えている、ですが皆様からの異議は一切聞きません。