きっかけは不純な方がいい

何を始めるにしても、きっかけは不純な方がいいと僕は思う。
その方が長く続くと思うのですが・・・

最近はいろんな人と話をする機会が本当に多くなった、話の流れでなぜ整体屋さんになったのか?とかセラピストになった理由を話されることがある。

そんな時に決まって言われるのが、人のために・・・
なんて嘘八百なはなし。

世の中には本当にそう思っている人もいると思うので、嘘八百なんて思う僕の腹の中が黒いだけかもしれないけど、いや!でも・・・本当はもっと違う理由があるんじゃないの??

僕が整体屋さんに憧れた理由は
女性にモテると思ったから。
以上!!

モテナイ僕が女性と仲良くなるには最高の方法じゃないですか!!
整体って。

あとから考えると、人のためになることをしないとダメなことも多いし、他人のために努力をしなければならないことばかりだけれど、根底には不純な動機があるから、20年もこの仕事が続いてると思うのです。

間違えないでくださいよ!!
ボクは今まで一度もセクハラで訴えられたり、変な噂を患者さんに流されたことはないです。
ちょっと前までなぜだか20代の女性の患者さんが多いのが不思議なくらい多かったですよ。

・・・最近は自分が年齢を重ねたことによって同年代以上の男性の患者さんも増えて、患者さんのバランスとしてはとても良くなってきました。
このバランスは自分の中でね。

なにより、何かを始める時って動機があると思うのですが、この動機・・・不純な方がうまくいく。

不純じゃないと心の病気になったりする人が多い気がする。

動機は不純で何が悪い!!
と新しいことを始めるといいかもです。